採用

ピックアップインタビュー

第二新卒対談

  • 業界未経験で入社し、バックオフィスやゲームクリエイターとして活躍する第二新卒たち。
    今回は人事の内田(写真左)とゲームプランナーの三浦(写真右)に現在の業務と将来に向けた展望を語ってもらった。

  • ―まずは、入社までの経歴を教えてください。

    ―まずは、入社までの経歴を教えてください。

    三浦:
    大学院で修士号を修めたあと、外資系ITコンサルティング会社に入社しました。
    そこで2年ほど働き、Cygamesに第二新卒でプランナーとして合流しました。

    内田:
    大学卒業後、地方の中小IT企業で1年半ほどバックオフィス業務全般を担当していました。
    現在はCygamesの人事として仕事をしています。

  • ―第二新卒として、早期に転職しようと思った理由はなんでしょうか?

    ―第二新卒として、早期に転職しようと思った理由はなんでしょうか?

    三浦:
    人生の中でかなりの割合を占める仕事の時間を、何となく過ごしている自分に危機感を持ち、
    最も情熱を注げる仕事は何だろうか、と自問自答して出た答えが「自分の好きなゲームを仕事にすること」でした。

    内田:
    前職では幅広い裁量を与えられていて、特に不満はありませんでしたが、会社の体制変更きっかけに自分自身のキャリアを見直し、Cygamesの第二新卒としてオープンポジションの面接を受けました。
    たくさんの職種があり悩みましたが、入社前には親身に相談に乗っていただき助かりました。

  • ―Cygamesに入社して良かったことを教えてください。

    ―Cygamesに入社して良かったことを教えてください。

    三浦:
    「最高のコンテンツを作る会社」というビジョンが、全社員に浸透していることに驚きました。
    Cygamesには何を決めるにしても「どの選択肢が最高のコンテンツを作ることに繋がるか」という考えに基づいて物事が進んでいきます。
    例えば、提案をした際に「人が足りないから無理……」といった理由ですぐに却下されることは、ありません。
    それに、所属部署や経験年数に関わらず、誰もが気軽に提案できる雰囲気があります。
    実際に僕も、業界未経験で入社したにも関わらず、1ヶ月目に提案した改修や新機能の案が採用され、現在アプリに実装されています。

    内田:
    まず役員陣との距離が非常に近く、決定が迅速に下されるスピード感に驚きました。
    自分がやりたい!と思ったら、周りに相談したり、役員に提案したりしてすぐに施策として動かせるので非常に働きやすいです。
    また、代表をはじめとしてみんながゲーム好きなので、共通の話題で盛り上がれます。
    「趣味を仕事にしない方が良い」なんて言葉がありますが、僕は大好きなゲームの業界で働けて良かったなと感じています。

  • ―今の仕事について教えてください

    ―今の仕事について教えてください

    三浦:
    プランナーとしての仕事は、大きく分けて2つあります。
    1つは新機能追加や機能改修などの提案、仕様作成、開発の取り回しです。
    もう1つは、月次で開催されるゲーム内イベントの素材発注、クエスト作成、バランス調整です。
    多くのユーザーさんに楽しんでいただくために、どういうバトルや難易度にすれば良いかを毎日考えています。

    内田:
    人事として採用や社内スタッフのフォローをしています。採用業務では書類のチェックや面接だけでなく、イベントの企画運営、SNSや情報サイトへの広告出稿、内定者のフォロー等多岐にわたります。
    社内スタッフのフォローでは、他セクションのマネージャー陣とも連携してメンバーがより働きやすいように面談等を行っています。
    また、第二新卒として社員総会などの会社全体を動かすイベントの運営も行っています。

  • ―お仕事のやりがいと、今後の目標を教えてください。

    ―お仕事のやりがいと、今後の目標を教えてください。

    三浦:
    自分の考えたバトルや機能がユーザーのみなさまから、「楽しい!」「この機能は便利!」と反応してもらえた時、最高にやりがいを感じます。
    自分のがんばりがそのまま自分の好きなコンテンツの成長や発展に繋がるという実感がなによりのやりがいです。
    今後はプランナーとして、一人でも多くのユーザーの方に喜んでもらえるゲームを作りたいです。
    担当しているゲーム内イベントについてもより面白くする余地がありますし、チャレンジしたいこともたくさんあるので、全力で取り組んで行きます。
    まずは、任された仕事を完璧にこなして、ゆくゆくはそれ以外の領域についても積極的に提案をしていくつもりです。

    内田:
    やはり自分が採用担当した方が活躍されているときですね。自分の仕事が、自身の好きなものが生まれる現場に直接かかわっていることがわかり、とても達成感があります。
    第二新卒として行っているイベント運営では、代表の渡邊をはじめとした役員たちと直接話しながら企画を進行していくので、仕事の進め方や考え方などを直に経営陣から学ぶことができ非常に勉強になります。職種にとらわれず「最高のコンテンツを作る」ということに直接携われる機会にもなっていて、この会社に入って良かったなと思います。
    これからは現場のみなさんが、もっと働きやすい環境を作っていきたいです。みなさんがプライドと情熱を持ってコンテンツを作っているので、それを人事として支えていきたい!と思っています。
    さらに研修制度や社内制度を進化させて、Cygamesと聞いたら誰もが「良い会社だよね!」と言ってくれるようなより魅力のある会社にしていきたいです。

  • ―最後に、第二新卒で応募される方にメッセージをお願いします。

    ―最後に、第二新卒で応募される方にメッセージをお願いします。

    三浦:
    これまでは「とにかくゲームを作りたい!」という気持ちだけでやってきました。しかし、今は少し考えが変わって、今後も今取り組んでいるワークフローの改善に力を入れていきたいと考えています。
    イメージとしては、ゲーム開発の最前線からは一歩引いた立場で、若手の優秀なクリエイターのバックアップをしていきたいです。

    内田:
    僕らの出身はIT業界ですが、自動車業界や出版業界など、いろいろな業界出身の第二新卒が社内外で活躍しています。
    ぜひチャレンジしてみてください!

SocialAccount