採用

ピックアップインタビュー

Cygames Research

  • Cygamesの技術研究部門として設立され、日々最新技術の研究や実装、論文発表を行っているCygames Research。

    なぜゲーム会社の中に研究所を作ったのか、具体的にどのような役割を担っているのか。Cygames Researchの倉林所長にその全貌を語ってもらった。

  • まず、Cygames Researchの組織構造と各チームの役割を教えてください。

    まず、Cygames Researchの組織構造と各チームの役割を教えてください。

    Cygames Research は、Cygamesの最高のコンテンツ作りを技術面から実現するために設立された基礎技術研究所です。
    全体の組織構成としては、グローバルな技術水準での研究を行うリサーチチーム、ゲームタイトルへ問題なく導入できるレベルのクオリティで技術を実用化するエンジニアリングチーム、全社を横断して活動するスペシャリストチームといった3種類のチームがあります。

    Cygames Researchの組織構成の特徴は、リサーチチームとエンジニアリングチームが組織的には分割されておらず、ほぼ一体として動いている点です。リサーチチームのミッションは、世界のICT企業と同じかそれ以上の技術水準で研究を行い、ブレークスルーを生み出すことです。主な仕事として、基礎研究をし、作り出した技術がどれだけ信頼性があるかを評価して、論文執筆、プロトタイプシステムの実装、そして、特許の取得のための活動をしています。また、海外の大学や研究機関との連携もリサーチチームの重要な仕事です。
    エンジニアリングチームは、リサーチチームで生み出した技術をプロジェクトに導入するために必要な実装を担当しています。例えば、ゲームエンジンのプラグインとして研究成果を実装することや、クラウド上のサービスとして研究成果を運用するタスクを担っています。
    スペシャリストチームは、色々なプロジェクトに関わりクオリティ向上のお手伝いやデータベースのチューニングをしています。

  • ゲーム会社が研究所を持つメリットは何でしょうか?また、数あるゲーム会社の中でCygamesを選んだ理由は?

    ゲーム会社が研究所を持つメリットは何でしょうか?また、数あるゲーム会社の中でCygamesを選んだ理由は?

    圧倒的に現場に近いことがCygames Researchのメリットです。研究と実務の現場が近いことで成功している良い例としては、大学の医学部が挙げられます。大学には文学部や経済学部、工学部、理学部など多くの学部が存在しますが、その中でも医学部は、「附属病院」という現場を持ち、臨床(現場)と研究が密に連携していることが大きな強みになっています。実際に多くの大学では、医学部が論文の発表数でトップであることが多く、また、社会的にも大変貢献度の高い学部であることは間違いありません。このことから「本当に価値のある研究をするためには研究と実務が連携する現場が必要だ」と考え、ゲーム会社という「現場」の中に研究所を立ち上げることにしました。

    そして、ゲーム会社の中でCygamesを選んだ理由は、「最高のコンテンツを作る」「世界No.1を目指す」という会社理念が研究の考え方と全く同じだったからです。認められる論文、そして成果というものは「トップレベル」というだけでは通用しません。「No.1」でなければ意味がないのです。そんな研究と同じ考えを持つCygamesであれば「世界でNo.1の成果」が出せると思いました。

  • 実際にCygames Researchの研究成果が取り入れられている事例はありますか?

    実際にCygames Researchの研究成果が取り入れられている事例はありますか?

    お客様から見える技術としては、例えば、アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」のプロモーション施策として「グランブルーファンタジー スカイコンパス」に実装したチェックイン機能は特に反響が大きかった事例の一つです。これは、スマートフォンのカメラで撮影可能な様々なものを使って、プレイヤーが「チェックイン」できるようにする技術で、TV放送のような動画や、店舗に掲出されたポスター、そして、ハンバーガーのような立体的な商品を認識し、チェックインすることができるものです。このビジュアルチェックインシステムは、二次元バーコード等を用いずに、TV放送コンテンツそのものであったり、ポスターとその設置場所そのものを認識できるので、コンテンツの魅力を損なうことなく、チェックインサービスという機能を付与できるのが特徴です。この施策に採用されている技術についての論文は学術的にも注目され、2017年にロシア・モスクワで開催された国際会議Web Information Systems Engineering (WISE) にて論文を発表できました。

    もう1つは、「Shadowverse」のデッキ作成支援ツールサイト「Shadowverse Portal」です。ユーザーが構築したデッキを他のユーザーに共有するためのツールで、通常40文字以上のコードが必要になるところを、“データを閲覧する行為”にIDを付与することによって、たった4文字のコードでどんなデッキも共有できるようにしました。

    お客様からは見えにくい成果の1つに「仮想化技術」があります。クラウド上のサーバー1台で、100台~500台分の仮想スマートフォンを、それぞれ相互干渉することなく高速に起動し、デバッグやゲームバランスの調整などの開発業務を支援しています。この仮想化技術は、IEEE International Conference on Cloud Computing (IEEE CLOUD) という、クラウドコンピューティング技術に関するトップレベルの難関国際会議において論文を発表しています。

  • Cygames Researchとして一番力をいれていることと具体的に実現したいことを教えてください。

    Cygames Researchとして一番力をいれていることと具体的に実現したいことを教えてください。

    Cygames Researchは、従来のゲーム開発に用いられた技術の枠にとらわれず、デジタルエンターテインメントを実現するうえで本質的な技術として、“AI(Artificial Intelligence=人工知能)”、“UI(User Interface=ユーザーインターフェース)”、そして、仮想化技術や大規模並列化技術などを含む、“低レイヤー技術”の3つの領域にフォーカスしています。この3つの領域は、ゲーム企業に限らず、エンドユーザーであるお客様にICTサービスを提供するあらゆる企業にとって重要です。

    この3つの領域の中で、Cygames Researchは、AIによる自動化・省力化を、ゲーム開発のワークフローの中に取り込むための技術開発を担っていきます。最終的に面白さを作り出すのはAIではなくプランナーやディレクターといった“人”であることは不変ですが、その面白さを作りこむ作業のうち、機械に任せても良いもの、機械に任せた方が良くなるものについて、AIを用いた開発にシフトしていくことを目指しています。これは、グローバルにコンテンツを提供していくうえで必要不可欠なプロセスです。そのために、開発中のデータやデバッグ中のデータからAIが自動的に学習し、開発者へフィードバックを返せるようなサイクルを完全に作り上げ、AIにできることはAIに任せ、作り手は面白さのために時間と労力を割ける、という環境を作りたいと考えています。

  • 他の企業研究所と異なる、Cygames Researchならではの特長は何でしょうか?

    他の企業研究所と異なる、Cygames Researchならではの特長は何でしょうか?

    他研究所と大きく異なる点は、リサーチャーに課している役割とそれを果たすための仕組みです。一般的にリサーチャー(研究者)と呼ばれる人たちは研究と論文執筆に注力しているイメージがあると思いますが、Cygames Researchでは「論文を書く」「実装ができる」「(他者に真似されないように)特許を取れる」という3つの力を“基本スキル”として定義しています。

    この基本スキルを習得するために、「各所と連携する仕組み」を研究所として作っています。論文であれば外部の大学や研究機関と、実装であれば社内のエンジニアと、特許であれば法務・知財チームと、といった様々な連携を取ることのできる仕組みは他研究所にはないCygames Researchならではの利点だと思います。

  • Cygames Researchの今後の展望を教えてください。

    Cygames Researchの今後の展望を教えてください。

    Cygames Researchを世界一の研究所にすることです。世界一の研究所とは「世界一の研究者が一番多く集まる研究所」ということです。Cygames Researchとして一人でも多くトップカンファレンスに論文を通せる人材を育てるとともに、一緒に世界一を目指せる仲間を求めています。

    そうして1つでも多くの技術を研究・開発し、ゲーム作りに貢献した先にいるのがたくさんのユーザーです。研究の成果を「面白い」「気軽にゲームを始められた」といったユーザーのポジティブな価値に繋げていくことで、一歩ずつCygames Researchを世界一に近づけていきたいですね。

SocialAccount