お知らせ

株式会社Cygamesと一般社団法人 CoderDojo Japan、PC寄贈に関するパートナーシップを締結 全国160ヶ所の道場を対象にPCを寄贈

1

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygames(以下サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)は、子供のためのプログラミング道場「CoderDojo」を推進する一般社団法人 CoderDojo Japan(所在地:東京都新宿区、代表理事:安川要平)と、PC寄贈に関するパートナーシップを締結し、全国160ヶ所の道場を対象にPCを寄贈いたします。

2020年度から小学校でのプログラミング教育必修化が明示される(※)など、近年子どもたちがプログラミング活動に興味を持つ機会が増加する一方で、プログラミングの学習環境の整備が急務となっています。プログラミング学習にはPCが必要なケースがほとんどですが、モバイルツールの普及に伴い、自宅にPCを持たない家庭も増え、学習を始めることが難しいという現状もあります。

そのような状況の中、CoderDojoでは7~17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場を主催し、アプリやゲームを作りたいという子どもたちが、メンターと呼ばれるボランティアの助言を受けながら、主体的にプログラミングを学んでいます。

サイゲームスは「最高のコンテンツを作る会社」というビジョンのもと、ゲームを始めとする様々なコンテンツを企画開発すると同時に、未来のコンテンツの生み出し手である子どもたちへの教育支援を行ってまいりましたが、この度CoderDojo JapanとPC寄贈に関するパートナーシップを締結し、全国の道場を対象に、継続してPCを無償で寄贈する取り組みを行うことといたしました。自分のPCを持たない子どもたちも、道場に寄贈されたPCを利用することで、すぐにプログラミングを学ぶことができます。2018年11月28日段階で、350台以上のPCを全国の道場へ向けて順次発送しています。

今後両社はこの取り組みを通じて、より多くの子どもたちにプログラミングを通じた創作活動の楽しさを伝える機会を増やし、将来のクリエイティブ人材の創出に貢献してまいります。

(※)小学校プログラミング教育に関する概要資料(http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/30/1375607_01.pdf

【CoderDojoについて】
2011年にアイルランドで始まり、世界では100カ国・1,900の道場があります。日本では全国に160ヶ所以上の道場があり、これまで2,000回以上のイベントが開催され、参加者数は延べ15,000人にのぼります。

■会社情報
株式会社Cygames(http://www.cygames.co.jp/
所在地:東京都渋谷区南平台町16番17号住友不動産渋谷ガーデンタワー15階
代表者: 代表取締役社長 渡邊 耕一
事業内容:ゲームの企画・開発・運営/アニメーション製作/投資支援

一般社団法人 CoderDojo Japan(https://coderdojo.jp/
所在地:東京都新宿区高田馬場1-28-10 三慶ビル4F CASE Shinjuku
代表者:代表理事 安川 要平
事業内容:日本全国の CoderDojo に対する活動支援、法人との連携支援

【報道関係者お問合せ先】
株式会社Cygames 広報担当 西尾、今岡 Email: pressrelease_info@cygames.co.jp
住所 : 東京都渋谷区南平台町16番17号 住友不動産渋谷ガーデンタワー15階

SocialAccount